不登校の勉強方法

不登校の中学生は勉強ができない理由と対策について解説

こんな悩みありませんか?
  • 中学生の子供が不登校になり勉強ができなくなるのが不安
  • 不登校でもできる勉強方法を知りたい

近年で増えている不登校ですが、不登校になることで勉強ができない子供はい多いです。

しかし、何故不登校になると勉強ができないのでしょうか?

ぼーの

この記事では元不登校児が経験を踏まえて不登校の中学生が勉強しない理由と対策について解説します。

この記事を書いた人のプロフィール

▶病気が原因で中1後半から卒業まで不登校

▶現在は大手企業の正社員で既婚者

▶「学校行かなくていいよ」と母が言い、愛情を注いでくれたおかげで高校からは普通に通えるようになりました

▶不登校児の経験を元に不登校の問題について情報発信をします。

不登校の問題はお任せください
  • すららの学習は学校の出席扱いになる
  • アニメ映像を使った学習
  • 休会と復帰が簡単にできる
無料の資料請求は公式サイトからできます。

不登校になると勉強ができなくなる理由

不登校になると何故勉強ができなくなるのでしょうか?

ここでは、不登校になると子供が勉強ができなくなってしまう理由5つを紹介します。

不登校だと勉強ができなくなる理由
  1. 学校に行かないため勉強がわからない
  2. 勉強に意欲がわかない
  3. 勉強に意味を感じない
  4. 不登校のストレスで勉強できない
  5. 将来に不安になり勉強しようと思えない


まず、不登校の事情やその時の状況によって様々なので一概には言えませんが、学校へ行くことができないことで勉強がわからず手を付けないケースは多いです。

中学校の授業というのは小学生よりもレベルは上がりますし、1カ月間行かないだけで追いつくのがしんどくなることもあります。

その為、学校へ行かないことで先生から教えてもらうことも無いので家で自分で勉強を進めようとしてもわからず手が止まってしまうのです。

また、人間関係やいじめなどの不登校のストレスによって勉強しようとする力が出ない場合もあります。現代の不登校原因として、人間関係が挙げられるのですがその割合は8割にも上ります。

人間関係には先輩との関係や友人関係、また先生との関係なども挙げられます。

このように人間関係などの影響で不登校になり、人に怖さや不安を感じ心がいっぱいいっぱいになることはよくあることです。勉強に対し意欲がわかなくなり意味を感じられないのは、不登校によるストレスで心が疲弊している可能性が高いのです。

また、将来に悲観的になり勉強に手を付けられないケースもあるので、心を穏やかに過ごす努力をし回復してから、家でストレスなく楽しく勉強できる対策があると学習の遅れも取り戻しやすいです。

不登校になり勉強ができないと生じる不安やリスク

勉強ができなくなることでどんな不安やリスクが生じるのでしょうか?
ここでは不登校によって勉強ができないことで子供に生じる不安やリスクを3つ丁寧に解説します。

勉強ができないと生じるリスクと不安
  1. 希望の高校へ進学できなくなる
  2. 将来に希望を持てなくなる
  3. 周りと比べ悲観的になる


不登校になることで中学生の子供は希望の高校へ入れなくなる可能性もあります。

特に偏差値の高い高校を目指しているのなら、学校に行かないことで勉強は大幅に遅れてしまうので不安や焦りが募ります。

また、その不安が膨らんでしまうことで「もう将来は終わりなんだ」と悲観的になってしまうことも多いです。

中学生になるとその先に高校受験が待っています。しかし、学校へ行けず勉強ができないことで、必ず先にはある高校受験への不安が増えてしまうのです。

また、自分だけ勉強ができず遅れてしまうことで同級生などの周りを気にして悲観的になってしまう子供もいます。

その為、「自分だけできていない」と取り残されたような気持になり、将来に対して不安を抱くことが多いです。思春期の繊細な時期だからこそ、周りを気にしすぎてしまうことが多く、皆と同じでないことに不安になりやすいのも特徴です。

しかし、そのような不安があっても安心できる対策はありますので次で紹介いたします。

不登校による勉強の遅れを取り戻す方法

不登校になり、勉強ができないことで遅れた分は取り戻せるのでしょうか?

ここでは不登校による勉強の遅れを取り戻す方法3つをご紹介します。

ぼーの

もし、今不安に考える親御さんや子供がいても方法はあるのでぜひ試してみて下さい。

自宅学習

不登校による勉強の遅れを取り戻す方法として、自宅学習に取り組む方法があります。
しかし、学校へ通うことができないため内容がわからず学習を上手く進められない子供もいます。そんな時は親御さんの力が必要です。
どこまで子供が理解をしていて、どこまでの学習がわからないのか丁寧に聞き取り一緒に計画を立てて学習するのです。両親も子供の勉強の為に勉強する必要がありますが、誰かのサポートがあることで勉強の進みは早くなります。
また、両親が一緒に勉強してくれることで不安も減るので、是非子供と今協力して自宅学習に取り組んでみましょう。

家庭教師、塾

不登校による勉強の遅れを取り戻す方法として、家庭教師や塾に頼るという手があります。
家庭教師や塾は教育・指導のプロですから、もし志望校の受験までに不安を感じていてもプロの先生が勉強計画を考え提案もしてくれます。
また、受験のノウハウも教えてくれるので学校へ行ってなくても早く正確に学びやすい特徴もあります。
しかし、不登校の子供にとって人間関係はストレスになる可能性が高いです。不登校の原因の80パーセントは人間関係といわれている現代で、学校に通えないのに塾へ通うことができるとは思えません。特に集団で学ぶ制度がある塾は辛くなってしまう可能性があります。
また家庭教師や個別塾のように会う人数が限られているとしても対面で指導をしてもらうことで、不安を抱えてしまう可能性もあります。子供が不登校になってしまう時は周りに敏感になっていたり、怖さを感じてしまう時も少なくないので慎重に見極める必要があります。

通信教育

不登校による勉強の遅れを取り戻す方法として、通信教育を受ける方法があります。
この方法は不登校の子供にとって一番負担が少なく自分のペースで学べるので安心して取り組めます。
不登校の子供にとって一番負担に感じるのは人間関係が多いので、通信教育にすることで対人関係のストレスを減らしながら勉強を進めることができるのです。
通信教育では、直接先生が指導することはありません。しかし、学習が進めやすいように教材やスケジュールを提供してくれます。無理なく自分のペースで学べる設定の通信教育も多いので是非利用してみましょう。
近年の通信教育は楽しく学べるサポートやわかりやすい教材が多いです。その為、子供は勉強が楽しいと感じやすいです。
勉強に対し抱いていた不安が通信教育で楽しいに変われば自信にもつながります。

元不登校児が選ぶ不登校の中学生にオススメ通信教育・アプリ3選|効果がある勉強法を教えます。

不登校の親が限界を超えて手遅れになる前にやるべきこと

不登校と言えば「子供」のことばかり注目されますが、それ以上に大事なのは親のメンタルです。

不登校の子供の気持ちや行動に振り回される生活を続けているうちに自分自身のメンタルは疲弊していきます。

メンタルが限界を超えて共倒れになる前に自分自身へのケアをやりましょう。

母親

どうやってケアをすればいい?

ぼーの

誰かに話を聞いてもらうだけでも心は軽くなる場合があります。

母親

話を聞いてもらいけど家族や周りの友人には頼れない

ぼーの

そんなときに紹介したいのが「カウンセリング」です。

カウンセリングではあなたの心にため込んだ感情や悩みといったモノを全て吐き出してください。

「子供が泣きたい時に泣き、笑いたい時に笑っているように自分も感情に素直になりたい」

「ため込んだ辛さを誰かに聞いてほしい」

TALKFULLNESSでは今なら初回利用は通常30分3300円かかるカウンセリング料が無料です。

  • カウンセリング方法はZoomと電話の2種類が選べる
  • 初回カウンセリングは通常30分3300円が無料
今すぐ誰かにあなたの不安や感情を聴いてもらう