不登校の勉強方法

【実体験】不登校が最初に勉強すべき教科は英語である3つの理由と勉強法を解説します。

こんな悩みありませんか?
  • 英語の勉強方法を知りたい。
  • 不登校が最初に勉強すべき教科を知りたい。
ぼーの

この記事では元不登校児が過去の経験を踏まえ不登校が最初に勉強すべき教科が「英語」である理由と実際の勉強方法について解説します。

  • すららの学習は学校の出席扱いになる
  • アニメ映像を使った学習
  • 休会と復帰が簡単にできる
無料の資料請求は公式サイトからできます。

不登校の中学生が最初に勉強すべき教科が「英語」である3つの理由

ここからは不登校の中学生が最初に勉強すべき教科が「英語」である3つの理由について解説します。

英語をオススメする3つの理由
  • 勉強の遅れを取り戻しやすい
  • 親でも教えやすい
  • テストで点数を取りやすい

それぞれの理由について詳しく解説します。

勉強の遅れを取り戻しやすい

他の教科と違い英語は中学校から本格的に始まるので周りとの遅れが他の教科に比べてありません。

国語や数学は小学校からの積み上げがある程度継続されるので小学校で点の良い子は中学校でも成績が良かったりします。

一方で英語は中学校からスタートラインに立つのでそこまで差がついていません。

ぼーの

私も最初は英語からやり直して定期テストで平均点が取れるようになってから他教科の勉強を始めました。

親でも教えやすい

英語は一見すると難しそうですが実際はパターン化されていたり、単純な単語の暗記で対応できます。

そのため親もある程度、問題集を見ることで理解でき子供に教えやすいです。

ぼーの

英語だと親が先生役をやりやすいです。

テストで点数を取りやすい

最後はテストで点数が取りやすいという理由です。

国語や数学は教科書で勉強しても実際のテスト内容がそのまま出る事はありません。

一方で英語の場合は教科書の文法を虫食いにした形で出題されるので教科書をしっかり勉強すれば点数が取れます。

ぼーの

英語は定期テストの対策がしやすい!

子供が飽きる前に英語の成績が出る勉強方法

以上が、不登校が最初に勉強すべき教科が英語である理由です。

ぼーの

ただ「英語」は勉強の遅れを取り戻しやすく定期テストでも点数が取りやすいと書きましたが、それでも効果が出るまでには一定の時間が必要です。

また子供自身も数学や国語と違い中学校から本格的に触れるので苦手意識を持ちやすい傾向にあります。

そこでオススメなのは英語がある程度できるようになるまでは塾や家庭教師、通信教育を使ってサポートしてもらうのがオススメです。

ぼーの

私の場合は個別指導塾に通い英語を勉強しました。

とはいえ個別指導塾や家庭教師は高額です。

また英語で自信をつけた子供が国語、数学も勉強するとなると1教科単位で料金が増える個別指導塾や家庭教師だと月5万円以上と高額になります。

利用者

とはいえ、せっかくなら子供が慣れた環境で他の教科も勉強させてあげたい

そこでオススメなのは英語、数学、国語を含む5教科全て勉強できる通信教育すららです。

すららなら月額9980円で5教科の勉強ができます。

ぼーの

通信教育の中でもすららは「すららで勉強すると学校の出席扱いになる」という点が魅力的で不登校の親に人気です。

  • すららの学習は学校の出席扱いになる
  • アニメ映像を使った学習
  • 休会と復帰が簡単にできる
無料の資料請求は公式サイトからできます。

すらら以外の通信教育では「スマイルゼミ」を紹介しています。

すらら、スマイルゼミを含む不登校の中学生にオススメの通信教育をこちらの記事でまとめて紹介しています。

不登校の中学生にオススメ通信教育・アプリ3選_効果がある勉強法を元不登校児が教えます。